読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男前彼女の日記

恋愛や美容や生き方や。まずは今日を生き抜くことから。

「好き」の告白は自分から。「愛してる」を言わせたい。

恋愛

好き」の告白は自分から。「愛してる」を言わせたい。

いま恋愛中の女性の皆さんは、気になる方に自分から好きといえますか??

 

 

 

ブログ開設したらまずこれだけは書きたいなと思っていたことをば。

 

以前、知人の女性から

「告白待ちしてる間に相手が別の女性に告白されちゃって後悔」

という相談を受けました。

その時、彼女に経験談を伝えたので、それをここにも書こうと思います。

 

僭越ながら私にもお付き合いさせていただいている男性がいます。

告白は私からでした。

女性としては告白されたい。勿論そんな気持ちでいっぱい。

だから自分で言う時もだいぶ悩みました。

 

そのときふと考えたのが、

「好きだよ」って、もし付き合えたらお互い伝えることが増えるな。

じゃあいま私が先に伝えてもいいか。

でもその代わり、「愛してる」は絶対相手から言わせよう。

そんな女性に成長しよう”

ということでした。

いや~、正直告白したときはトイレを我慢してる人みたいにだいぶもじもじしました(笑)

でもここでいわなかったら、もう会えなくなってしまうかもしれない。

なーんてスケールの大きいこと考えてしまった私は気づいたら伝えていました。

 

勿論、デートも重ねてきましたので相手は即OK。

 

帰った後、LINEで

「告白してくれて嬉しかった」

ときたので、

「好きの気持ちが私より大きくなったら、もう一回、今度は君から告白してね。きっと今は君より私のほうが好きの気持ちが大きいから。」

と釘を刺しておきました。(釘を刺すって…ねぇ…)

しかも好きに大きいも小さいもないんですけどネッ。でも悔しかったので(笑)

 

その経験談を語ったときに

「あんたってばほんと大学の時から男前だけどかわってないね」

といわれたのがブログタイトルの由来なのです。

 

話しが脱線しましたが、

要は好きって伝えるのに後も先もないんじゃないかな~と思っています。

好きなら好きで変わらないんです。明日でも、1週間後でも。

でももしかしたらその間に自分が死んじゃうかもしれないし、相手が死んじゃうかもしれないし。

好きな時は好きなんです。

(言葉で伝えなくても伝わる男性ならいいですけど、私の彼みたいに無神経で鈍感な男性にはストレートに伝えることをお勧めします。間違っても「月がきれいですね」なーんていっても、全然伝わりませんし、こちらのストレスが増えるだけです。)